スポーツ外傷・運動指導なら熊谷市広瀬にある熊谷スポーツフレア整骨院へ。 熊谷スポーツフレア整骨院

telTEL050-1105-6574

〒360-0833 埼玉県熊谷市広瀬226-2

受付:9:00~19:00
定休日:木曜・日曜・祝日

2022年12月3日

腕立て伏せでありがちな「勘違い」について

こんばんは
秋元信博です😗

“腕立て伏せ”って
結構やったことある人も多いかと

「腕を立てて」から「伏せる」ので
「腕立て伏せ」ですよね⁇

はい、当たり前だと思います

では

英語ではなんと呼ぶか知っていますか⁇

push-up(プッシュアップ)
push(押して)up(上がる)です

んー…

全然ニュアンスが違いますね🤔




実はここに
大きな認識の違いがあります

“腕立て伏せ”と聞くと
腕で身体を支えつつ耐える(体勢を下げる)
ようなイメージを抱きがちですが

push-up(押して上がる)だと
床を押し込んで身体全体を上げていく
ようなイメージに変わると思うので

本来のやり方としては
“伏せる”より“押し上げる”が正しいです

そうなると

「腕立て伏せ」の体勢になった時に
・耐える前提なのか⁇
・押し上げる前提なのか⁇
によって肩や腰のフォームも自ずと
変わってくるはずです

背筋を伸ばして‼︎
お腹に力を入れて‼︎

そのような指導も決して
間違っているわけではありませんが…


なぜ、そうした方が良いのか⁇


というのが分かっていないと
フォーム指導を受けたところで
効かせたいところに効かせられません

TOP