スポーツ外傷・運動指導なら熊谷市広瀬にある熊谷スポーツフレア整骨院へ。 熊谷スポーツフレア整骨院

telTEL050-1105-6574

〒360-0833 埼玉県熊谷市広瀬226-2

受付:9:00~19:00
定休日:木曜・日曜

2023年5月6日

【五十肩の原因と対策】

【五十肩の原因と対策】 - 熊谷スポーツフレア整骨院のご紹介

はじめに

五十肩とは、50歳以上の人によく見られる肩の痛みや運動制限の症状のことです。年齢が進むにつれ、肩の関節が痛みや運動制限を引き起こすことがあります。五十肩は、突然現れることがあり、日常生活に多大な影響を与えるため、早期の対処が必要です。

この記事では、五十肩の原因と対策について解説します。また、当院がお勧めするストレッチや、間違った対策についても触れていきます。ぜひ参考にしてください。

五十肩の原因

五十肩の原因は、主に以下の3つです。

1.関節液の減少
五十肩の原因の1つは、肩の関節液の減少です。関節液は、関節を滑らかに動かすために必要な潤滑剤のようなものです。関節液が減少すると、肩の関節に摩擦が生じ、炎症を引き起こすことがあります。

2.筋肉の硬化
五十肩の原因の2つ目は、筋肉の硬化です。年齢とともに筋肉は硬くなり、柔軟性が低下します。肩周りの筋肉が硬くなると、肩の関節が動かしにくくなり、痛みや運動制限を引き起こすことがあります。

3.病気やけが
五十肩の原因の3つ目は、病気やけがです。肩を繰り返し負荷をかけたり、怪我をしたりすることで、五十肩の症状を引き起こすことがあります。

それ、五十肩かも…⁇日常での兆候3つ

五十肩にかかっているかどうかを判断するには、以下のような兆候に注目しましょう。

肩が痛くなる
五十肩の症状の1つは、肩が痛くなり動かしにくくなることです。肩の可動域が狭くなり、腕を上げたり後ろに引いたりすることが難しくなります。
痛みが長引く
五十肩の痛みは、突然現れることがあり、しばらくして治まることがあります。しかし、痛みが長引く場合は、五十肩の疑いがあります。肩の痛みが1か月以上続く場合は、早めに医療機関で診察を受けることが重要です。

対策例(2つのストレッチ)

五十肩に対する対策には、ストレッチが有効です。以下に、当院でお勧めするストレッチを2つ紹介します。

肩甲骨ストレッチ
壁に手をつき、肩甲骨を引き寄せるようにして、胸を開いていきます。肩を広げることで、肩周りの筋肉が柔らかくなり、肩の痛みを緩和することができます。

外旋筋ストレッチ
腕を横に伸ばし、手首を持って反対側に引っ張るようにします。このストレッチは、肩の外側の筋肉を伸ばすことができます。

間違った対策

五十肩に対する間違った対策もあります。以下に、避けるべき対策を紹介します。

過剰な運動
五十肩の症状がある場合は、過剰な運動を避けることが重要です。痛みが強い場合は、無理をして運動をすることで症状を悪化させることがあります。

自己流のストレッチ
五十肩の症状には、ストレッチが有効です。しかし、自己流のストレッチを行うことは危険です。正しい方法でストレッチを行うことが重要です。

まとめ

五十肩は、50歳以上の人によく見られる肩の痛みや運動制限の症状です。五十肩の原因は、関節液の減少、筋肉の硬化、病気やけがなどが挙げられます。五十肩の症状には、肩の痛み、肩の可動域の低下、痛みの長期化などがあります。対策としては、ストレッチや適度な運動、痛み止めの使用などがありますが、過剰な運動や自己流のストレッチは避けるべきです。

当院では、五十肩に対する治療に力を入れており、専門のスタッフが患者様に合わせた施術を行っています。五十肩でお悩みの方は、是非一度当院にご相談ください。

健康にまつわる情報を検索する際には、正しい情報を得ることが重要です。当院では、患者様に正確な情報を提供し、健康の増進に貢献することを使命としています。

まとめると、五十肩は50歳以上の方によく見られる肩の痛みや運動制限の症状であり、関節液の減少、筋肉の硬化、病気やけがなどが原因とされています。肩の痛み、肩の可動域の低下、痛みの長期化などが症状であり、ストレッチや適度な運動、痛み止めの使用などが対策として挙げられます。当院では、五十肩に対する専門的な治療を提供しています。正しい情報を得るためにも、当院にご相談ください。

TOP